給湯器交換に必要な費用目安【本体の価格と工事費の両方が必要】

見積もりをしっかり取る

給湯器

金額だけでは決めない

給湯器が故障した時に導入してから10年以上経過しているようであれば、修理ではなく交換をすることをお勧めします。10年以上経過している給湯器は現在の給湯器と比べて、性能が劣っていることやパーツが用意できないこと、および他の部分の故障確率もあがっているため使えなくなる日数が長くなる可能性があるためです。給湯器を交換する時に気になるのがその費用です。給湯器の交換は給湯器本体の価格と工事費の両方になります。業者によっては見積もりのときの出張費を取るところもあるので、見積もり無料の業者に依頼するようにしましょう。本体の価格は機能や性能によって大きく異なりますが、暖房機能がないタイプで4人家族までが使用する20号のものでは20万円位が平均の定価です。追い炊き機能のある省エネタイプのものでは30万円代が定価となっています。販売価格は定価の半額以下で販売しているところもあります。交換工事の費用は、同タイプのものを交換するだけであれば3万円程度が相場となっています。配管や風呂釜を変更するときには工事費が大きく追加されることになります。業者に一件一件見積もり依頼を立てていると時間も手間もたくさんかかってしまいますので、一括して見積もり依頼ができるサイトがあります。価格が安すぎる場合にはアフターサービスが何もないこともありますので、返信されてきた見積もりの金額だけでなく給湯器や工事費それぞれの価格やアフターサービスに関してしっかり吟味してから決めるようにしてください。また、給湯器と電気温水器は異なります。給湯器はガスを熱源にしていますが、電気温水器は電気を熱源としています。なので、修理を依頼する際には、きちんと業者に確認してから依頼をしましょう。インターネットで調べても良いでしょう。

作業員

早くお湯を使うために

給湯器のトラブルによって業者へ修理依頼する前の注意点としては、自分で解決できるかどうかセルフチェックが必要になります。解決に至らない場合は既存の給湯器設置業者への相談や新たな修理業者を探すことになります。その際は十分な説明や、代わりの給湯器設置、無理に購入を押しつける業者は契約しないことも大切です。

給湯器

石油式の利点とデメリット

給湯器には様々な種類が存在しますが、オススメは石油給湯器です。一般的な給湯器よりも寿命が長いので、長く利用できるでしょう。ただし、石油は一般家庭では200リットルまでしか貯蔵できないので、保管には注意しましょう。

リモコン

新しくするメリット

ガス給湯器の寿命は10年程度なので故障していなくても交換するメリットがあります。今のガス給湯器はエネルギー効率がよくなっているのでガス料金を下げられ、能力があがっていることからお湯を同時に使っても圧力が下がりにくくなっています。また機能やデザインが向上しているので生活の質もあがります。

修理

定期メンテナンスをしよう

給湯器が壊れてしまうと困るため、定期メンテナンスが必要です。また、修理には出張費もかかります。出張費無料の業者を選びましょう。それから、賃貸の場合は大家さんと相談をして業者に来てもらうことになります。

給湯器

号数で機能が変わります

ガス給湯器は生活人数に合わせて号数が異なります。同時にキッチンと浴室で給湯器を使用したいときには号数を考慮して選定しましょう。追い炊きや自動保温機能が付いていたり、地球環境に優しいエコなものも開発されており、環境に合わせて便利なものを見つけましょう。

Copyright© 2018 給湯器交換に必要な費用目安【本体の価格と工事費の両方が必要】 All Rights Reserved.