給湯器交換に必要な費用目安【本体の価格と工事費の両方が必要】

号数で機能が変わります

給湯器

使いやすいタイプを探そう

ガス給湯器は、浴室やキッチン、洗面台でスムーズに湯を作り出してくれます。浴室ではシャワーだけでなく、追い炊きや自動保温といった便利な機能が付いていたり、温水を使用した暖房機能が付いているものもあります。ガス給湯器にはシャワーと給湯を同時に使用することを可能にするために、適したサイズがあります。一般的に16号は単身世帯に、20号は夫婦二人家族に適しています。家族が4人ともなると24号を選定しないと湯量が少なくなったり、湯の温度が思うように上がらない場合が出てきます。ガス給湯器は生活する人数によって号数を選定しましょう。将来家族が増える事を考慮して号数を大きいものに変更することも大切です。給湯器の配管は号数によって太さや長さが異なってきます。号数が大きいほど大量の湯を同時に作り出すことができます。一軒家の場合には給湯器を屋外の壁面に立て掛けたり、地面に据え置きにするタイプがあります。マンションなどの集合住宅では、スペースを考慮して、ガス管や水道管が収納されているスペースに小型化した給湯器を設置します。このように住まいの形態によっても給湯器の選定に違いが出てきます。ガスや水道といった毎日使用する光熱費を節約するために、省エネタイプのものを選ぶのも良いでしょう。地球環境に優しいエコな給湯器を使用すればするほど、光熱費に差が生まれていきます。給湯器のコストパフォーマンスも意識しながら給湯器を選びましょう。

Copyright© 2018 給湯器交換に必要な費用目安【本体の価格と工事費の両方が必要】 All Rights Reserved.